イメージ画像

節電のはじめの一歩は見える化「ワットモニター」で

 

ガスコンロに火がついたまま。

 

 

水道の蛇口から水がポタポタ落ちている。

 

 

ガスや水はムダ使いがよくわかります。

 

 

しかし、電気は見えない(見えにくい?)存在なので、ムダ使いがわかりにくいものです。

 

 

 

 

そこで、電気の消費がわかるようするグッズをご紹介します。

 

 

以前は高くて一般のわれわれには馴染みの薄いものでしたが、最近は電気の見える化を実現する「ワットモニター」が手軽な価格になってきました。

 

 

ワットモニターをコンセントにさし、その上から家電製品のコンセントをつなげば、リアルタイムで電気の消費量が確認できます。

 

 

家電を使っていないときでも、待機時消費電力もわかりますので、ムダな消費があればコンセントから抜いてしまいましょう。

 

 

 

 

 

こまめなコンセントの抜きさしが、省エネ実現の近道のひとつです。

 

 

 

わかりやすい使い方がユーチューブにアップされています。

 

 

 

「ワットモニター(電気代・消費電力・簡易計測)700-TAP017」

 

販売価格は2,362円 (税抜)。

 

サンワダイレクト各店(限定販売)で発売開始。

 

 

 

楽天市場店

Yahoo! ショッピング店

DeNAショッピング店

ポンパレモール店

 

Amazonマーケットプレ イス店

 

タグ

2014年4月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ